興奮が冷めた後の「引っ越しブルー」に対処する方法

あなたは新しい街に引っ越して6週間が経ったところです。

6カ月かもしれません。

あるいは、1年かもしれません。

どれくらい時間が経過したにせよ、大きく環境を変えたはずなのに、当初の興奮が冷めてみると、いつの間にか退屈な日常生活が戻ってきていることに気づいたのではないでしょうか。そして、この頃になると、残してきた者たちのことを思い出すようになります。

それは、友人、家族、あるいは、あなたの好みをよくわかってくれていたタコス屋台の店員かもしれません。また、新しい街で期待通りに交友関係を広げられていないことに気づき、自問自答を始めるのもこの頃です。

なぜ、こっちの街のタコス屋はあの街のようにおいしくないのだろうか? 

なぜ、あの街のことをいつまでも考えてしまうのだろうか?

自分は間違った選択をしたのだろうか…?

新しい街に引っ越すと、人生を書き換えるチャンスが来たかのように感じられるものです。新しい家に新しい家具。新しい仕事に就いた人もいるでしょう。これからどんな人びと、どんなレストランに出会えるかな? どんなスポーツ、アート、サークル活動に参加できるだろう?

しかし、6カ月が経つころには、新しい家にも汚れが目立ちはじめ、新しい仕事も残業が多くなります。出会った人びととも友だちと呼べる関係にはなかなかなれません。

さらに、古い友人たちとの関わりも薄くなってきたように感じます。Skypeをしたり、ときどき会いに行ったりはしますが、かつてのような日常的な関わりはありません。あなたは孤独を感じ始めます。

...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年6月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。