迷うコストをなくす、「即断即決」習慣を身につける方法

成功している人は「即断即決」の習慣がある。

これは、コンサルティングなどを通じて、多くの人を観察していて確かにその通りだと思います。

早く決めることで、チャンスを逃さないという面もありますが、迷うコストを削減できることで、ほかの決断に時間とエネルギーをまわすことができる面も見逃せません。

今回は、決断における迷うコストと「即断即決」する習慣のポイントについて書きたいと思います。

古川武士(ふるかわ たけし)/習慣化コンサルタント

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。約3万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。主な著書に「続ける習慣」「やめる習慣」「早起きの技術」などがあり、全16冊、計70万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。公式サイト

AさんとBさんの異なる習慣 Image: Aekotography/Shutterstock.com

ごく些細な例ですが、AさんとBさんの決断するまでの違いを比較したいと思います。

決断の遅いAさんは、エアコンを買おうとネットで調べはじめました。機能や価格の差、ユーザーの評価を比べていますが、1週間経ってもなかなか決められません。そこで翌週、週末に家電量販店に行って店員に相談することにしました。しかし、混み合う店内でようやくエアコンに詳しい店員さんと話せたのは入店して30分後でした。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年7月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。