現代流、無意識に英語力を鍛える4つの方法

夏の休暇旅行で現地の人とおしゃべりを楽しみたい?

年老いてから認知症になりたくない?

それなら、バイリンガルになるのが一番です。とはいえ、外国語を学ぼうと思い立っても、何から手を付ければいいかわからないかもしれません。

たとえば、しばらく異国で暮らして外国語の環境にどっぷりと身を浸してもいいし、DuolingoやRosetta Stoneのようなサービスを利用するのもいいでしょう。

また、ふだん使っているデバイスやWebサービスの言語を、学習中の言語に切り替えてしまうのもひとつの手です。

スマートフォンの言語を変更する Image: Lifehacker US

本来なら、スマートフォンの使用時間は減らすべきなのですが、実際のところは一日何時間もスマホアプリに費やしているというなら、その時間を新しい言語に習得に利用しましょう。

スマートフォン(またはいつも使っているデバイス)の言語を変更すれば、メニューやダイアログボックスに表示される文章を外国語で読む訓練ができます。

難しそうに聞こえますが、実際はそうでもありません。アイコンや色、レイアウトの記憶を頼りにすれば、言葉が読み取れなくても、意外となんとかなるものです。

ただし、銀行アプリなど重要なアプリは母国語のままにしておきましょう。または、重要な操作をする前にスマートフォンの言語を母国語に切り替えるようにします。

FacebookTwitterの言語を変更する Image: Lifehacker US ...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年7月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。