試行錯誤のうえたどり着いた、おいしいガーリックトーストの作り方

ガーリックトースト(ガーリックブレッドとも)を作るには、パンとニンニクは当然欠かせませんが、いろいろなバリエーションを加えられそうです。今日は、私があれこれ試してみた結果たどり着いた、理想的なレシピをご紹介しましょう。

ガーリックブレッドはイタリア発祥ですが、私はフランスパンのバタールを好んで使います。バタールは、スライスすると噛み応えのある皮の部分と柔らかい内側の部分の比率が完璧。バゲットより短くて太いので、ガーリックバターを塗る面積が大きくなるからです。

コツはニンニクを使い分けること 丸ごと1個ローストされたガーリック Image: Claire Lower / Lifehacker US
  • ガーリックバターを作るときは、ニンニクをふんだんに用意して、ローストして使う分と生で潰して使う分にわけます。
  • ニンニクを丸ごと1個ローストすると、パンに甘く香ばしい風味をつけることができます。
  • さらに、生のニンニク片を5個使ってニンニクの刺激的な味わいをプラスします。

私は味付けの手間が省けるので、有塩バターを使いますが、そのあたりは作る人の好みのやり方でどうぞ。

最後に、新鮮なイタリアンパセリを少々加えると、爽やかなハーブの香りが映えます。パルメザンチーズは使わないのかな、と思うかもしれませんが、ニンニクの風味がぼやけるので、使いません(チーズブレッドはおいしいですが、それはまた別の話です)。

おいしいガーリックトーストの作り方...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年7月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。