今すぐ取り入れたい! 世界の超人が実践している9つの習慣

成功者とそれ以外の人たちを分けるものは何か?

著書「The Four-Hour Chef」のメタ学習(学習法を学ぶこと)という興味深い章の中で、ティム・フェリスが語っているように、生まれつきの偉大さではなく、成功者が生産性や成功全体を支えるために選択した、毎日の習慣、儀式、日課、プロセスです。

そのような日課やプロセスを自分の生活にも少し取り入れることで(特に蔓延するテクノロジーの落とし穴に落ちないようにするために)、成功者の成果から恩恵を受けることもできます。

1. ウォーレン・バフェットのように優先順位をつける

あるとき、ウォーレン・バフェットの専属パイロットが、仕事のキャリアの目標についてバフェットに話していました。Buffettは、パイロットに簡単な練習をさせました。

  • 25の目標を書き出す。
  • そのうち上位5つの目標に丸をつける。
  • これで、丸のついている目標と、そうでない目標のリストが2つできます。この練習に関して誤解してほしくないのですが、これは優先順位の高いリストと低いリストではありません。

    バフェットはこのように言っています。

    丸をつけなかったものはすべて“まったく何もしない”リストになります。たとえ何があろうと、丸をつけた上位5つの目標が成功するまで、このリストの目標のことは忘れましょう。

    目標に優先順位をつける(そしてそれ以外は排除する)この厳格な方法は、バフェットが人生で多くのことを達成するのに役立ちました。長期的な目標だけでなく日々の目標でも、自分の時間をもっと賢く使うことは、私たちにも同じように役に立つはずです。


    あわせて読みたい

    ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年12月7日の経済記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    経済ニュースアクセスランキング

    経済ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    国内の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。