子どもがよく迷子になるなら、口笛コミュニケーションを試してみよう

子どもがあなたに常について回る場合、子どもが迷子になっていないか確認していると頭が痛くなってくるでしょう。

息子のルーカスは、自分の足で立てるようになった時から、自分の周囲の環境をつぶさに探検するのを自分の使命にしています。息子が興味をもったものが、私たちが向かっている方向にあってもなくても関係ありません。

そこに行きたいと思ったら、息子は走り出していました。そして、私たちの視界から消えることもありました。

ほんの一瞬でも子どもの居場所がわからなくなっただけで、母親の心臓は止まりそうになります。ですから、私たちは、素早く息子のルーカスの注意を引き、私たちの元に引き戻す確かな方法を考えなければなりませんでした。

家族の口笛を決める

映画『ハンガー・ゲーム』を見た(もしくは原作の小説を読んだ)ことがあるでしょうか? ルーがカットニスに、計画の一部を遂行した時に相手に知らせる、4つの音階の口笛を教えます。

我が家の口笛も同じような使い方をします。

大声で叫ぶのがはばかられるような状況でこっそりとコミュニケーションを取るには、最適の方法です(それにいつだって人前で大声で叫びたくはありませんよね?)。

特に小さい時は、息子はしょっちゅう迷子になっていました。

私は人前で「ルーカス!」と叫ぶのに疲れてしまいました。正直言って、そんなことをしている自分は悪いお母さんのような気になっていました。私はきちんとルーカスを見ていたのですが、子どもというのは本当にすばしっこいのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年12月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら