家計簿アプリにはない価値がある。手書きで記録するからわかること

アプリがあるならとにかくそれを使っておけばいい、というものではありません。

今週は、アナログ人間に戻って、スマートフォンがなくても生きていける(快適に生きていける)ことを思い出し、私たちがデジタル化される以前に存在した、価値あるものに目を向けてみましょう。

世の中には、さまざまな家計簿アプリがありますが、自分にとって使いやすものを見つけるにはトライ&エラーが必要です。

そして、少しでもスクリーンを見つめる時間を減らそうとしている人にとっては、毎日、家計簿をつけるたびにアプリを開かなければならないのは、いかがなものかと思っているかもしれません。

では、紙とペンでやってみれば? もしかすると、それが一番やりやすい方法かもしれませんよ。

すべきは、出費を手書きで記録するだけ

私は、以下の2種類のやり方で出費を記録しています。

1カ月間の会計監査

1カ月間のあらゆる出費を書き出します。家賃の支払い、インターネット料金の自動引き落とし、食料品やお菓子の購入まで、あらゆる支出が対象です。

月末になったら、すべての出費をカテゴリー別にスプレッドシート(ここでデジタルの力を借りる)でまとめて、予算と実際の支出が一致しているかをチェックします。

常時会計監査

もっと良い呼び方が必要ですが、出費に目を光らせ続ける必要があるときには、こちらのやり方を採用します。

私はほぼ毎日システム手帳を使っていますので、日々の出費もそこに書き付けておきます。あとで分析するときにデータとして使えますし、そうでなくとも、日記にはなります。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年6月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。