退職や起業時に貯金を賢く切り崩すコツ

緊急事態が発生したときに、貯金の使い方を考えたことはありますか?

Broke Millenniaさんが、最近Twitterでこんな質問を投げかけていました。

Does anyone do a "doomsday prepper budget"? To clarify, not actual doomsday, but you're ready if you got fired/self-employed and going through down months and need to cut everything down to the bare essentials.

— Broke Millennial (@BrokeMillennial) 2019年5月24日

「最後の審判の日に備えた予算計画」を作っている人はいますか? もちろん、本当の最後の審判のことではありません。

失業したり、起業したりして、その後数カ月を、必要最低限の出費で暮らさなければならないような事態を想定した予算計画、ということです。

緊急的な状況が長期に渡って続くときのことを考えて、緊急時用の予算計画を作っておくべきではないでしょうか?

そうしておけば、困難な時期を自動操縦モードでやり過ごすことができます。

つまり、緊急事態がやってきたときに、どうお金をやり繰りしようかと焦り始めるかわりに、プランB、C、あるいはDのファイルを開いて、自らが書き記しておいた指示に従えばいいのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年6月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「節約」のニュース

次に読みたい関連記事「節約」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。