高収入でも貯蓄が『ものすごく』大事な理由とは

「お金の心配はいらない」は危険なサイン?

苦心の末にようやく望んでいた仕事に就いた(あるいは昇給を勝ち取った)場合、「これでもうお金の心配はしなくて済む」と安心してしまいがちです。

安定したお給料がもらえるようになったわけですから、これはある意味当然とも言えます。

ですが、今がどれだけ安定していても、収入というのは常に不安定になるリスクをはらんでいます。

いつまでも同じ収入があるとは限らない

収入に関して人が陥りがちな最大の過ちは、いつまでも今と同じ水準の収入を得られると考えてしまうことです。この傾向は、収入がある程度のレベルに達し、毎日の出費に気をもまなくても良くなった場合に、特に顕著になります。

個人マネーに関する情報サイトKiplingerの記事で、ファイナンシャルプランナーの資格を持つJoseph C. Conroy氏は、こうしたありがちな傾向について、次のように解説しています。

高収入の専門職に就く人々にとって、これは大きな問題になります。頭が良く、稼ぎが多い人であったとしても、稼いだお金の使い方を心得ているとは限りません。

そもそも、こうした専門的な職業は、より専門度が低いほかの仕事と比べて、収入が得られるようになるまで余計に時間がかかります。

そのため、高度な専門職に就いた人は、お金に関する目標を達成するにあたって、そもそもスタートから出遅れている状態です。

それだけに、ひとたび収入を得られるようになったなら、できるだけ賢くお金を貯める必要性がより一層高くなります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年7月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。