スマホ中毒で時間を浪費しないための10の習慣

2017年9月22日掲載記事を再編集のうえ、再掲しています

スマホ中毒は、薬物中毒よりやっかいです。完全に縁を切る方法がありませんからね。

あなたの時間を奪うように設計されているアプリたちと戦いながら、このテクノロジーの使い方を見つけなければなりません。

マーケティング専門家のJosh Spector氏がMediumで、自身がスマートフォンの使い方をコントロールするために実践した10の習慣について書いています。

今回は、これらの10の習慣と、それをサポートするアプリやトリックを紹介します。

1. 運転中にスマートフォンをチェックしない

車を運転するときは、スマートフォンをダッシュボードの小物入れにしまっておきましょう。

AndroidとWindows Mobileでは、ボイスコントロールに切り替わる運転中モードが使えます。

9月12日にリリースされたiOS 11にも、自動検知式の運転中モード(Do Not Disturb While Driving)が搭載されることになりました。

Googleアシスタントでは物足りないという人は、運転をはじめると自動で起動するノールックインターフェース『Drivemode for Android』をダウンロードしてください。

2. 自宅ではスマートフォンを固定電話みたいに使う

外出中に、ポケットにスマートフォンを入れておくのは理にかなっています。

しかし、自宅に着いたら、ポケットから取り出してください。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年8月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら