今すぐiOS 12.4にアップデートし、Googleの研究者が指摘した脆弱性に対処しよう!

iPhoneとiPadユーザーのほとんどが、iOS 12を使っています。

良いことですね。動作が速いのに加えて、バグや脆弱性も可能な限り修正されているのですから。

この安全面への対処は、特に重要です。というのも、Googleの研究者が先ごろ公開したiOSの深刻な脆弱性6つが、7月にAppleがリリースしたiOS 12.4で修正されているからです。

iOS12を使っていない人が全体の13%もいる Image: Apple

しかし、問題がふたつあります。第一に、おそらくは最新のiOS 12.4どころか、iOS 12をなんらかの理由で使っていない人が、まだたくさんいることです。

Appleの統計データは、iOSを細かいバージョン別に分析していませんが、過去4年間に購入されたすべてのiPhoneとiPadのおよそ13%が、iOS 12を使用していないことが明らかになっています(2019年5月30日現在のデータ)。

Appleがどれほどの数の端末を販売しているか(2016~2018年の期間に、iPhoneだけでゆうに10億台以上を販売しています)を考えると、13%という数字は、一見して受ける印象よりもはるかに多くの端末数に相当するはずです。

iOS12.4にも脆弱性は残されている

第二に、Googleの研究者が発見した「インタラクションを必要としない」脆弱性6つのうちの1つは、iOS 12.4でも完全に対処されているわけではありません。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年8月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら