イェール大学史上最も人気の心理学講座から学ぶ、幸せな人生を歩むToDoリスト

どんなに良い大学を卒業しても、どれだけ社会的に成功を収めてお金を稼いでも幸せだと感じられないー。

隣の芝は青く見える、とはよく言ったものですが、私たちは身の回りにあるもの、また今の自分が置かれている状況に感謝することをつい忘れてしまいがち。

最近だとSNS疲れという言葉も生まれるほど、すぐに他人と比較したり、周りから自分がどう思われているかを気にしすぎたり…。

今日はイェール大学史上最も人気のある心理学の授業から、人生を豊かに、そして幸せに過ごすためのヒントをお伝えします。

良い気分が長続きしない、残念な理由

The Atlanticが伝えたところ、イェール大学「心理学と幸せな人生」の授業を担当しているサントス教授によれば、

私たち人間は生まれながらにして大きく分けて2つのバイアスを抱えています。

そのバイアスが人生で起こる素晴らしい出来事に対して喜び、そして感謝する気持ちを継続させることを難しくさせているのです。

この2つのメインバイアスについて、よく理解し、その上で日々どのようなことに気をつけて過ごすべきかを考えると良いのだそう。

最初のバイアスは “私たちの脳は何度も繰り返して起こることに順応してしまう癖がある” こと。

サントス教授によれば、これは心理学用語では"快楽順応"と呼ばれ、何か素晴らしい出来事が起こったときには最高な気分になるのに、少し時間が経つにつれてその状態に慣れてしまい、最初の頃に感じていた高揚感がなくなってしまう、というもの。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年9月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら