1通のメールにかける時間は何分が適切?|仕事が速い人のメール術

メールを書いたり、返信したりするのに苦労しているなら、簡単で効果的な方法があります。

3分間のタイマーをセット。そして、タイマーが鳴る前にメールを1通書き終える。これだけです。3分以上はメールを書いてはいけません。

もっとメールを書きたいと思っても、翌日の“3分間”に持ち越さなければなりません。

日頃から3分経つ前にメールを書き終えるようにしてみませんか? そうすると作業がずっとシンプルになります。

タイマーをセットするには、スマホを使うか、「set three minute timer」とGoogleで検索すれば、検索結果を表示した瞬間にタイマーが始まります(※)。

US版のGoogleのみ対応。

「3分ルール」を使う2つのメリット

この方法を使うと2つの効果があります。

1つは、メールを書くのに長い時間をかけなくなること。そして2つ目は、メールを書き始めるのが億劫でなくなることです。

次第に3分間のうちにメールを書けるようになります。

メール処理は3分間が適切な長さ?

タイマーをセットする時間の長さは、正直あなた自身で決めてもかまいません。

Fast Company」では5分間をすすめていますが、米Lifehackerはそれでは長すぎると考えました。

受信トレイに溜まった大量のメールを処理しなければならない場合、メールにかける時間30分につき、5分間だとたったの6通、3分間なら10通のメールが書けます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年10月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。