睡眠不足のイライラを軽減するおやつ6選

睡眠不足からくる、イライラや集中力の低下。

そんな睡眠不足の時にこそ、お菓子を食べたくなった経験はありませんか? 実は睡眠不足時にお菓子を食べたくなる心理的な理由があるんだそう。

スタンフォード大学で栄養学を研究するマリアム・ハミディさんが、睡眠不足時にお菓子を食べたくなる生理的メカニズムや、睡眠不足の副作用を抑えるおやつを紹介しています。

睡眠不足のときにお菓子を食べてしまうのは当然?

ハミディさんはまず、睡眠不足のときにお菓子が欲しくなる生理的メカニズムについて、先行研究などから説明しています。

そもそも糖質は体のエネルギー源です。

血糖値を上げ一時的に疲労が回復することから、睡眠不足で疲れを感じているときには、糖質の多い食べ物が欲しくなります。

さらに、睡眠が足りていないときには、意思決定に関わる脳機能が低下していますので、悪魔のささやきを無視するのが普段より難しくなります。

また、睡眠不足による食欲調節ホルモンの変化が、糖分、ナトリウム、脂肪、飽和脂肪を多く含む食べ物への欲求につながる可能性があるようです。

一方、お菓子をやめ栄養を改善することで、ホルモンや神経伝達物質に働きかけ、認知機能の改善や疲労の軽減、睡眠の質向上が可能なこともわかってきています。

こうした過去の研究結果をふまえてハミディさんは、睡眠不足でついつい食べてしまうジャンクフードを栄養価の高い食べ物に置き換えて、その効果を調べました。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。