遺産を相続しても1年間放置したほうがいい

多額の遺産を相続したらどうしますか?

経済的に賢明でありたいのであれば、答えは「何もしない」です。少なくとも1年間は。

ニューヨーク・タイムズ紙でSusan B. Garlandが説明しているように、短期的な娯楽などで散財したり、相続税の支払い計画に失敗したりして、予想以上に早く遺産を使ってしまう人は多いそうです。

1年は遺産を放置しよう

Garlandは、遺産を使う前に1年間は待ったほうがいいとすすめる、「Sudden Money Institute」の設立者Susan Bradleyの言葉を引用しています。

Bradleyさんは、相続したばかりの人は、少なくとも数カ月から1年は様々な選択肢について考える「決断しない時期」に入ることをすすめています。

その間に、ファイナンシャルプランナーや税理士、弁護士など信頼できる専門家のブレーンをつくることをすすめています。

計画をしっかりと整えるまで、相続人は相続人の口座とは連結していない、連邦政府の被保険人の銀行口座に現金や保険金を置いておいたほうがいいと専門家は言っています。

そうです、専門家は配偶者と共有の口座ではなく、自分だけの名義の銀行口座に遺産を入れておくことを間違いなくすすめています。

自分以外の家族が誰もアクセスできない口座に遺産を入れたら、何もせずにそのままにしておきます。

1年待つことで、一時的な贅沢のために遺産を使わずに済むだけでなく、棚ぼた的に入った遺産目当てに経済的な支援を求める人たちにも普通の返答ができます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年10月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。