プロカメラマンが伝授。顔や風景が暗くならない&逆光を活かすスマホカメラ撮影術

被写体の背後に太陽がある、いわゆる「逆光」のシチュエーションはドラマチックな光となり、撮影に向いています。

しかし、ただカメラを向けて撮影をすると、被写体が真っ黒になってしまうことも。これでは、いくら美しい光の下での撮影でも、意味がありません。

正直なところ、逆光での撮影は難しいものです。高価なカメラを使っても、ある程度テクニックを駆使しないと思い通りのイメージにはなりません。

「デジカメを使ってもうまく撮れないのなら、スマホじゃ撮れなくて当然」

そう思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

先ほど「ある程度テクニックを駆使しないと思い通りのイメージにはなりません」と書きましたが、逆に言えば、ある程度テクニックを駆使すれば逆光でもちゃんとした写真が撮れるのです。それはデジカメでもスマホでも同じこと。

そこで、逆光で印象的な写真を撮る方法を、スマホのカメラ教室を開催しているカメラマン、松島徹さんに教えていただきました。

逆光での撮影で失敗してしまう理由とは? Photo: 松島徹

被写体に対して、正面から光が当たっている状態を「順光」と言います。この順光の状態ならば、被写体に十分光が当たっているので、しっかりくっきりとした写真になります。

一方、順光の写真は面白みがない写真になりがちです。記念写真などにはいいかもしれませんが、ポートレートを撮影するときは少々もの足りないことも。「ポートレートの基本は逆光」などと言われることもあるほどです。


ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2019年11月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。