相手から「お断り」を受けても、大人の対応をすべき4つの理由

時々、ネット上で恋愛対象ではないと拒絶された嫌な奴が(男性でも女性でも)、メールで怒りをぶちまけた結果、被害者がその内容を投稿して話題になることがあります。

男女問わず、拒絶に対する大人としての受け止め方を学んでいない人はいるので、こうした事態はいつでも起こりうるという、いい教訓です。

McSweeney's Internet Tendency」の編集者にも、同じようなことが起きました。

編集者のChris Monks氏は、毎週何百もの原稿をやんわりと却下しなければなりません。しかし、それに対してひどい反応をするライターもいます。

最近Monks氏は「Vulture」の記事で、中でも最悪なレスポンスをいくつか紹介していました。

こうしたドン引きするような返信は読んでおいた方がいいと思います。拒絶や却下を受けても、常に、いつ何時も品位を保っていた方がいい理由も明確になります。

今回は、身勝手な反応をしない方がいい理由のトップ4を紹介します。

1. 相手も人間だから

どんなに一般化された形式のメールのやりとりでも、十中八九、ある時点で感情を持った人間が読みます。これが、嫌な奴になってはいけない1番の理由です。

Monks氏は、却下メールへの返信に書いてあった「あんたのこと嫌い」という言葉に対して、次のように話しています。

その人の書いた原稿が出版されないことへの失望や苛立ちには共感しますが、それでもこのようなメールを受け取るのは嫌なものです。私も感情のある人間ですから。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。