時間と心の余裕を生む!ドイツの食事「カルテスエッセン」を日本でも実践してみない?

今村教授は、こう否定します。

ドイツの多くの家庭で愛情不足による親子関係の崩壊が社会問題になっているという話は聞いたことがありません。現に、私の留学先のホストファミリー宅では夕食は冷たい食事でした。

学校の軽食タイム用に子どもたちに持たせるものも、バナナやりんごなど手間の要らないものばかりでしたが、とても家族仲のよい温かい家庭でした。(本書116pより)

そして、日本人が手作りの料理にこだわるあまり、時間や心の余裕がなくなり、家族へのやさしさと良好なコミュニケーションが失われてしまうリスクのほうを、今村教授は危惧します。

時間と心の余裕を生むドイツ人の食卓術 Image: Shutterstock.com

今村教授は、多忙すぎて心の余裕すら失われている日本人に対して、ドイツ流の「頑張り過ぎない食卓術」を提案しています。例えば、以下のようなものです。

調理を最小限にし、素材の味を生かした料理に変えてみる

カルテスエッセンは無理でも、調理を最小限にしたメニューを取り入れます。切っただけのサラダ、ゆでただけの野菜、器に出すだけの冷やっこのようなものでも、素材そのものの味を楽しめます。

肉や魚も、塩・スパイスを振りハーブを添えて、オリーブオイルを回しかけてグリルするだけでも、おいしくて立派なメインディッシュになります。また、お弁当も週に1回、カルテスエッセン風にします。

器や調理道具にこだわってみる

ドイツ人は、ちょっといい調理道具や食器を日常使いしていいます。これに習い、食事はシンプルにしつつ、お気に入りになる器を買い揃え、盛り付けも工夫します。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。