10分以下の運動では意味がない?よくある運動習慣7つの誤解

健康に関する常識は変化が早いので、うっかり一昔前の「事実」を信じたままになっていることもあります。

誤った認識に基づいた生活を忠実に続けて不利益を被らないためにも、定期的に健康に関する認識をアップデートする必要がありそうです。

信頼性の観点から、ひとまず公的機関のまとめた情報(厚生労働省による『健康づくりのための身体活動基準2013』など)を軸に据えておくのが賢明でしょう。

そこで今回は、『アメリカ人のための身体活動ガイドライン第2版』(疾病予防と健康促進局(ODPHP)が発行)の内容をもとにしたThe Conversationの記事から、運動習慣について誤解されがちな7項目をご紹介していきます。

1.立ちっぱなしに、健康増進の効果はない

スタンディングデスクは、仕事の生産性に影響はあっても、健康増進には期待できない…という説もありますが、立っていることにまったく意味がないわけではありません。

『アメリカ人のための身体活動ガイドライン第2版』には“立位は低エネルギー消費活動だが、健康への影響は座りっぱなしとは異なる”(P.21)と記載されています。

立っている状態はお尻に根っこが生えた状態よりも、歩いたり座ったり、その場で足踏みしたり…といった動きにつなげやすいですよね。

研究からは座りっぱなし時間が長い方は定期的に立ち上がることで、心血管疾患リスクを下げられることがわかっています。

スタンディングデスクをご利用の方も、立ちっぱなしではなく30分ごとに2分歩くなどして、身体活動量を増やすことを意識してみましょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「10分以下の運動では意味がない?よくある運動習慣7つの誤解」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    立ちっぱなしの話が途中で座りっぱなしの話にすり替わってる、、、

    0
  • 匿名さん 通報

    この記事を書いた人はまず脳みその運動から始めるべきだろう。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。