自分だけの視点で「自分なりの答え」を生み出す。VUCA時代のアート思考

大人の学びの世界において「アート的なものの考え方=アート思考(Art Thinking)」が見なおされていると指摘するのは、『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』(末永幸歩 著、ダイヤモンド社)の著者。

国公立の中学・高校で美術科の教師をしているという人物です。

なお、まずこの段階で意識しておくべき重要なポイントがあります。

「アート」とは、上手に絵を描いたり、美しい造形物をつくったり、歴史的な名画の知識・ウンチクを語れるようになったりすることではないのだということ。

「アーティスト」は、目に見える作品を生み出す過程で、次の3つのことをしています。

① 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、

② 「自分なりの答え」を生み出し、

③ それによって「新たな問い」を生み出す

「アート思考」とは、まさにこうした思考プロセスであり、「自分だけの視点」で物事を見て、「自分なりの答え」をつくりだすための作法です。(「PROLOGUE 「あなただけのかえる」の見つけ方」より)

つまり、美術の授業で本来学ぶべきは「作品のつくり方」ではなく、その根本にある「アート的なものの考え方=アート思考」を身につけることこそが、「美術」という授業の本来の役割だというわけです。

そして、そういう意味で「美術」はいま「大人が最優先で学びなおすべき科目」であると著者は考えているのです。

「ふだん行っている授業をバージョンアップさせた体験型の書籍」であるという本書から、ORIENTATION「アート思考ってなんだろう」に目を向けてみたいと思います。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。