引きこもり生活を乗り切る、宇宙飛行士が孤独を克服する方法

自宅に引きこもる生活を余儀なくされていると、ストレスと孤独感に苛まれても当然です。

そんなときは、地球から250マイル(約402Km)離れて平均的なアパートと比べても決して広くないスペースで、半年から1年程度暮らす宇宙飛行士の生活を想像してみてください。

宇宙飛行士は、近所を散歩することも、毎週スーパーに行くことも、お気に入りのレストランでテイクアウトすることもできません。

場合によっては、宇宙船という小さなスペースを6人でシェアすることもあり、常に地球から監督されながら、分単位で計画された任務を遂行しています。

その結果、宇宙飛行士はストレスと孤独感が強い期間を何とか生き抜く戦略をいくつも見つけています。そうした戦略の中には、引きこもり生活を余儀なくされている今の私たちにも応用できるものがありそうです。

米Lifehackerは、パーデュー大学で農学と生物工学の教授を務めるD. Marshall Porterfield博士から話を聞くことができました。

Porterfield博士は、5年間NASAで宇宙生命と物理科学部門のディレクターを務め、その間、制限された環境で暮らす宇宙飛行士たちと協働しました。

その経験に基づいてPorterfield博士は次のことを推奨しています。

ルーティンを決めてきちんと実行する

宇宙船のクルーは毎日厳しいスケジュールに従って活動しています。

宇宙飛行士のスケジュールは、メンテナンス活動、実験、教育、アウトリーチを含めて、5分刻みで計画されています。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「引きこもり生活を乗り切る、宇宙飛行士が孤独を克服する方法」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    地球からたったの400km? 日本列島の長さが1500kmあるのに?じゃあ地球のほぼ表面近くにへばりつくようにして飛んでるんだね。知らなかった、、、

    0
  • 匿名さん 通報

    「みんな一丸となってこの使命を果たしましょう」←そんな戦争中の美辞麗句みたいなのじゃなくて、検査妨害で感染者を増やした安倍の責任は?それをいうと消されるかも?

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。