マンション暮らしや虫嫌いでもできる自家製堆肥の作り方

今回のパンデミック騒動により、多くの人がガーデニングに向かった結果、植物の種不足が発生しているようです

植物を育てるには栄養豊かな堆肥が必要です。生ゴミを堆肥に変える方法を知りたいと思っている人もいることでしょう。

堆肥はわずかな投資で自作できますので、お金を出して買う必要はありません。

特にアパートやマンション暮らしの人にとっては、堆肥作りには少し工夫が必要です。

正しいやり方さえ抑えておけば、アパートで悪い評判がたったり、離婚の危機に陥ることはありません。

今回は、自宅で堆肥作りを始める方法を紹介します。

虫が苦手な人におすすめの方法

どうしてもミミズなどの虫を触りたくないという人は次の方法がおすすめです。

日当たりの良いバルコニーなどがあれば、小さめのケースに土と、炭素と窒素を豊富に含んだ生ゴミを混ぜ合わせて置いておくだけでOK。原理は以下に記載している「本格派堆肥」の作り方と同じです。

虫のかわりに、太陽光に生ゴミを分解してもらいましょう

土を混ぜることと、定期的に空気を入れ替えて水分を与えることを忘れないでください。

もう1つの(お金のかかる)やり方は、ホームベーカリーと同じくらいの大きさで、生ごみを数時間で乾燥、粉砕して堆肥にできる電気式キッチンコンポスターを入手することです。

もちろん、できた堆肥はガーデニングに利用できます。

Push島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】 ブルーストライプ PCL-31-BWB

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。