1日15分の全身ワークアウトメニュー|自宅で筋トレ・有酸素運動が叶う

今月は米Lifehackerの過去記事で紹介したフィットネスを特集していますが、その中から7分間の科学的ワークアウトカナダの戦闘機パイロット用ワークアウトを復習しました。

今週は、2016年の過去記事で紹介されたDarebeeの「15分でできる朝のワークアウト」を見ていきましょう。

このワークアウトは、以下の7項目を1セットとして3セット行います。

  • 挙手跳躍運動(ジャンピング・ジャック):20回
  • スクワット:20回
  • ランジ:20回
  • 腕立て伏せ:10回
  • パンチ:40回
  • プランク:60秒
  • 2分間の休憩
  • どんな効果が期待できるのか?

    これまで過去記事で紹介した3つのワークアウトを復習しましたが、その中ではこれが私の一番のお気に入りです。

    なぜなら、全体的にバランスが取れているからです。

    まず、ジャンピングジャックで心拍数を上げ、次にスクワットとランジで脚力を鍛えます。

    その次の腕立て伏せはこの中で一番短く、パンチは腕を使う有酸素運動で、その間に脚を休ませます。

    そして、「これが終われば休憩して1セット終了だ」と思いながらプランクをします。

    自分のレベルに合わせて調整してもOK

    私は60秒のプランクができないので(少なくとも1から5までやった後はできません)、ストップウォッチのアプリで時間を計りながらプランクをしているはずの時間は休憩しています。

    おそらく毎朝このワークアウトを続けていれば、すぐに60秒間のプランクもできるようになる気がします。


    あわせて読みたい

    ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュース

    次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュースをもっと見る

    ライフスタイルニュースアクセスランキング

    ライフスタイルランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る
    2020年5月26日のライフスタイル記事

    キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。