週4日勤務を採用。企業トップが語ったその理由と驚くべき効果

ここ数週間で、失業を免れた何百万人もの従業員が、フルタイムのリモートワークに移行しています。

それに伴い、企業も新しい状況への対応を急いでいます。

新型コロナウイルスが猛威をふるう中、経営幹部たちは現状を乗り切り、来たるべき未来に備えるために勤務体制や事業プロセスの見直しを始めました。

今回のパンデミックにより、多くの企業がリモートワークを強制的に試験導入することになりましたが、このことでリモートワークの普及に拍車がかかるでしょうか?

私たちのワークライフバランスについての考え方にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

不安が高まり、就業や生活の状況が厳しくなる中、企業はどうやって従業員のウェルビーイングをサポートできるのでしょうか?

パンデミック下でも「週4日勤務」が功を奏した

私たちの会社(サンフランシスコを拠点とするソフトウェア企業Monograph)では、創業時から週4日勤務を導入しています。

一般的には珍しいことだと思います。

長年の経験から言えることは、このやり方が私たちの事業にとって総体的にプラスの効果があるということです。

今回のパンデミックで完全なリモートワークへ移行した際にも、これまでの週4日勤務を実践してきたおかげで、とてもスムーズに事が運びました。

私たちの会社では、週の半ばで、「中休み」をとれるようにしています。

働く人にとって、ちょうどそのあたりで休息と回復のための時間が必要となります。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。