親の言動1つで変わる。プレッシャーに強い子どもになる、感情のコーチングとは?

今、誰しも感情が不安定になっています。ウイルスに日常が奪われ、誰もが恐れや悲しみ、怒りの日々を送っていることでしょう。

穏やかで打たれ強い人でさえも苦しむ中、感情のコントロールはおろか、自分の感情を知る術すら知らない子どもたちには、非常に酷な状況が続いています。

でも、そんなときだからこそ、こころの知能指数と呼ばれるEQを育むチャンスではないでしょうか。

感情のコーチングで子どものレジリエンスを高める

心理学の研究者であるLea Watersさんは、The Gurdianの記事において、子どもが立ち直る力「レジリエンス」を学ぶのは体験からだけではないと述べています。自身の気持ちへの感情的反応も、レジリエンスの構築に役立っているというのです。

Watersさん曰く、親である私たちは、「感情のコーチ」にも「感情の否定者」にもなりうるそうです。

これまでの研究で、親による感情コーチングを受けて育った子どもは、中枢神経系が穏やかで、安静時の心拍数が低く、感情的な脳内回路が健康で、対処能力が高いことがわかっています。

そのような子どもは、プレッシャー下でも冷静でいられます。

まさに、いま子どもたちが必要としているスキルですね。

「感情の否定者」が意味するニュアンスはわかるでしょう。感情の否定者は、ネガティブな感情は不要でばかばかしく、考えるだけ無駄と思わせます。さらに、そのような感情を持った子どもをからかったり、脅かしたり、罰を与えたりするかもしれません。あるいは、見て見ぬふりをすることも考えられます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。