キッチンが散らからない! 片付け術「ワンシェルフ方式」のやり方とは?

思い入れのあるアイテムが多すぎたり、しばらく物を捨てていなかったりすると、片づけるのは大変かもしれません。

しかし、クローゼットやガレージ以上にキッチンが散らかっていると困ります。なぜなら、日に何度も使用するスペースの機能に影響が出始めるからです。

どこの家のキッチンにも、ソースの小包やメニューが詰まったガラクタ入れの引き出しがありますが、キッチンは整理した結果を得やすいです。

進化して、日常生活をちょっと楽にすることができます。

「ワンシェルフ方式」は、キッチンを片付けて調理スペースを最適化する方法の1つです。

キッチンを「ワンシェルフ方式」で片づける方法

オープンキャビネットや見せることを意識した収納は、ガラスの食器や陶器の出し入れを楽にする収納の仕方です。

また、オープンシェルフにするということは、食器をディスプレイするということでもありますよ。

しかし、カップが多すぎると、棚がごちゃごちゃして散らかっているように見えてしまいます。

Apartment TherapyのライフスタイルライターのShifrah Combithsさんは、キッチンの整理に「ワンシェルフ方式」を採用しています。

これは、近藤麻理恵方式といくつかのミニマリストの理想を組み合わせた方式です。

ビジネスにも効く「こんまり®メソッド」で働き方が効率的になる理由

まず、皿、ガラスの食器、マグカップ(Combithsさんの場合は)など、数が多いものをすべて吟味して、1つの棚に収納できる分だけ残しましょう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「キッチン」に関する記事

「キッチン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「キッチン」の記事

次に読みたい「キッチン」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク