「自信のある人」と「傲慢な人」の決定的な違い

傲慢な人は嫌われるのに、自信がある人は尊敬され、誰もが自分もそうなりたいと思います。しかし、この2つの性質は根本的にどこか似たところがあり、違いを見分けるのは困難です。

自分を信じる心がどこまで強くなると自己妄想になり、さらに完全なナルシシズムへと変化するのでしょうか。

この境界線は必ずしも明確ではありませんが、この2つの性格のタイプをつきつめていくと、違いがわかってきます。

自信がある人と傲慢な人の違いは?

私たちは自信があることを良しとする文化の中で生きています。

自信は、成功の根底にある基盤だと考えられる傾向があります。Eric Ravenscourt氏が2013年に米Lifehackerに寄稿した記事に書いているように、自信とは「自分が得意なことや提供できる価値を知り、それを他者に届けられるように行動すること」です。

たとえば、自信がある人は自分のスキルを堂々と称賛するかもしれませんが、それでも他人の話をじっくり聞きますし、フィードバックや建設的な批判も受けとめます。

さらに、自信がある人は、他人が賞賛されることを恐れず、他人の成功に光を当てる傾向があります。

2019年に職場コンサルタント会社のEmerald Worksが説明しているように、自信がある人は寛大ですが、傲慢な人は違います。

ですから、職場では、このような2つの相反する例を見たことがあるかもしれません。

たとえば、会議では、傲慢な人は概してスポットライトを求めます。意識的に、あるいは無意識に、彼らは他人の価値をおとしめます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク