ペットは人生のパートナー。これだけはやっておきたいただ一つのこと

新型コロナウイルスによる巣ごもり生活が続いたことで、家がより居心地よく、リラックスできる空間であることが重要になりました。

共に生活をする家族との関係性もより深くなり、人だけではなくペットとの絆もコロナ以前より強くなったと感じている人は少なくないでしょう。

そして、そんな幸せな暮らしを長く守っていくためには、ペット自身も健やかに生きられる環境を整えることが何より大切です。

「犬と猫の真の健康」を長年にわたりサポートしているロイヤルカナンの取り組みについて、ロイヤルカナン ジャポン コーポレートアフェアーズ ディレクターの倉橋愉美⼦さんに聞きました。

ロイヤルカナン ジャポン コーポレートアフェアーズ ディレクター倉橋愉美⼦さん コロナ禍で人とペットの関係性はより深くなった

——コロナ禍以前と現在で、ペットとオーナーの関係性に変化はありましたか?

ペットとペットオーナーの関係は、国によってかなり違いがあります。たとえばヨーロッパでは、牧羊犬やネズミを捕る猫といった使役動物から人と動物の関係が始まっていますが、日本は古くから犬や猫を愛玩動物として慈しむ文化がありました。

そのような背景も影響して、日本では「ペットも家族の一員」という考え方が強いように思います。コロナ禍で行動が制限されるようになったことで、人がペットに癒しを求める傾向が今まで以上に大きくなり、その結びつきがより強くなったと感じています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「健康」に関する記事

「健康」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「健康」の記事

次に読みたい「健康」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク