同僚との間に「適切な境界線」を引く方法

「仕事上の友人」と「本当の友人」の境界線が曖昧になると、職場で気まずい状況になったり、仕事を遂行する上で重大な障害になったりする危険性があります。

とはいえ、SNSで同僚と友だちになっていたり、この1年間、ビデオ通話でよく一緒に過ごしていたりすると、従来の「ビジネスプロフェッショナル」の関係に比べて、ずいぶんとよく同僚のことを知っているかもしれません。

一方、私の上司は私のツイートを全部見ることができますし、私も上司の子どもたちが画面に映りこんでおやつをねだるところを目撃することがあります。

どんな人間関係にも境界線が必要です。ここでは、職場でできるだけ快適に過ごせるように、同僚と友人の間に一線を引く方法をご紹介します。

まずは「自分の境界線」を知る

以前、さまざまな種類の個人的な境界線を設定する方法をご紹介しましたが、それは主に自分自身を知り、自分が必要としているものを効果的に表現することに尽きます。

「会話の中で境界線を設定する」とはどういうことか思い描くことができない場合は、Psychology Todayに掲載されたAndrea Brandt博士の以下のエクササイズを実践することを考えてみましょう。

1枚の紙を用意して、3本の縦線を引き4つの列をつくります。

1列目に「大切な人」、2列目に 「家族」、3列目に「友人」、4列目に「知人/他人」というタイトルをつけます。

次に、この4つのカテゴリーの人たちと話したくないテーマを書き出します。たとえば、家族や他人には話したくないことに「性生活」を、4つのカテゴリーすべてに「子どもの頃のトラウマ」が入るかもしれません。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「仕事」に関する記事

「仕事」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仕事」の記事

次に読みたい「仕事」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク