朗読劇に劇場版の制作発表も!“AnimeJapan 2019”「TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』2019 PLUS ULTRAステージ」レポート

朗読劇に劇場版の制作発表も!“AnimeJapan 2019”「TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』2019 PLUS ULTRAステージ」レポート
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
世界の総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持っている超人社会で、その“個性”を悪用する敵(ヴィラン)と戦うために自らの“個性”を発揮して世のため人のために働くヒーローが存在する世界。そこで“無個性”に生まれながらも憧れのヒーローになるべく持ち前の正義感を胸に進む緑谷出久(デク)を主人公とした青春群像ヒーロー劇『僕のヒーローアカデミア』。今年の10月よりTVシリーズ第4期の放送が決まった本作が、今年も“Anime Japan”のステージに登場した。

「みなさぁーん!こんにちはーーーー!」とステージに最初に登場したのはデクを演じる山下大輝。そんな山下の声に会場から大きな歓声が起きる。山下と共に爆豪勝己役の岡本信彦、麗日お茶子役の佐倉綾音、飯田天哉役の石川界人、轟 焦凍役の梶 裕貴も登場し、デクたちの通う雄英高校ヒーロー科1年A組主要メンバーが勢揃いとなった。

ところが始まるなり、比較的緩いステージ上。
「この空気感、いいの?」と岡本が言うと「『ヒロアカ』特有のわっちゃわちゃ感だね(笑)」と梶も笑ってしまう。仕切り直すように山下から自己紹介と挨拶が始まり、イベントは幕を開けた。

「久しぶりにこのメンバーが揃ったので、うれしいです。……1A、いいなぁ!」とうれしそうな山下だが、そこでMCが登場し、イベントを仕切ってくれると安堵の笑顔を見せた。そんな『ヒロアカ』がAJのステージに登場するのは4回目。アニメも4期に突入する、ということで会場にはファンもたくさん駆けつけた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「僕のヒーローアカデミア」に関する記事

「僕のヒーローアカデミア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「僕のヒーローアカデミア」の記事

次に読みたい「僕のヒーローアカデミア」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク