新海誠監督×RADWIMPS 奇跡のコラボレーション再び!最新作『天気の子』の全ての音楽をRADWIMPSが担当!本篇映像&主題歌を使用した予告篇が初解禁!!

新海誠監督×RADWIMPS 奇跡のコラボレーション再び!最新作『天気の子』の全ての音楽をRADWIMPSが担当!本篇映像&主題歌を使用した予告篇が初解禁!!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
7月19日より全国にて公開される新海誠監督の最新作『天気の子』の音楽をRADWIMPSが担当することが決定。ベールに包まれていた映画『天気の子』の本篇映像、そして、主題歌の一つであるRADWIMPSの新曲を使用した『天気の子』の予告篇が、ついに解禁となった。2016年に社会現象を巻き起こした『君の名は。』から3年。新海誠監督とRADWIMPSが再びタッグを組む。

新曲のタイトルは「愛にできることはまだあるかい」。新海監督はこの楽曲を受け取ったことで「これは作るべき映画になる」と強く思えた、と語る。本日解禁された予告篇は、新海監督が自ら編集したもので、空や雨など、美しく繊細に描かれた新海ワールドに、RADWIMPSの詩(うた)とメロディーが彩りを加え、最新作のテーマを最大限に引き出した映像に仕上がっている。

新海監督が今作をRADWIMPSにオファーしたのは17年8月頃。新海監督とRADWIMPSは前作と同様に脚本段階から密にミーティングを重ね、前作以上に緻密で妥協のない作業が今もなお繰り返されている。

新作『天気の子』も前作同様に、映画の大切なシーンでRADWIMPSが書き下ろした複数のボーカル曲と、劇中音楽が使われる予定。

新海誠監督の新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天気の子」に関する記事

「天気の子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気の子」の記事

次に読みたい「天気の子」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク