中川翔子“令和”初ライブは子どもたちと一緒にポケモンの名曲を熱唱!

中川翔子“令和”初ライブは子どもたちと一緒にポケモンの名曲を熱唱!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
5月5日(日・祝)、チームスマイル 豊洲PITにて、“しょこたん”こと中川翔子のバースデーライブ「Shoko Nakagawa Birthday LIVE 2019 ~Dream Notes~」が開催された。

チケットが即完売した本公演には、彼女のバースデーを祝うべく、2公演合計2,600名ものファンが集結。
さらにこの日は“子どもの日”ということで、昼夜あわせて40組80名の子どもたちを招待するなど、子どもから大人まで幅広い人気を誇る、まさに“しょこたん”ならではの公演となった。

ライブはデビューシングル『Brilliant Dream』からスタート。
お馴染みのバンドメンバー“ギザレンジャー”とダンサー“マミタスターズ”を従えて中川がステージに登場すると、待ちわびた会場のファンからは大歓声があがった。

2曲目『つよがり』終わりのMCでは、「今回のライブのタイトル“Dream Note”には色んな意味が込められています」と語ると、「夢は、叫ぶ、歌う、想うことできっと叶う」とこれまで叶えてきた自身の幼少期からの夢を振り返り、「私の大人になってからの夢は、想いを歌に乗せて子どもたちに夢の扉を開きたい」と、令和の時代を担う子どもたちに夢をつなぐ決意をにじませた。
さらに「昭和生まれ!平成生まれ!令和を貪欲に生きてる人!」と投げかけると、会場は大人も子どももまさに一体となって盛り上がった。

9曲目は『Heavy Girl』。作詞も務めた人気劇作家の根本宗子演出によるMusic Videoでは、衝撃的なメンヘラ女子を熱演し話題となった楽曲。タイトルコールをするや否や歓声があがると、重厚なバンドサウンドに乗せてMVさながらのパフォーマンスを見せた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク