東名阪を巡るツアー “鈴木このみ 5th Live Tour ~CurioCity~”ファイナル公演レポート

東名阪を巡るツアー “鈴木このみ 5th Live Tour ~CurioCity~”ファイナル公演レポート
掲載:リスアニ!
この4月でデビュー8年目に突入した鈴木このみが、東名阪を巡るツアー“鈴木このみ 5th Live Tour ~CurioCity~”を開催。そのファイナルが、5月26日(日)に東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。今回のツアーのテーマは「Curiosity=好奇心」。15歳でデビューしてからシンガーとして研鑚を積み、ひたすら真っ直ぐに突き進んできた彼女が、改めて己の気持ちに向き合い、好奇心のおもむくまま新しいことにチャレンジすることで、エンターテイナーとしてのさらなる成長と進化を見せつける公演となった。

この日の会場となったTOKYO DOME CITY HALLは、彼女が2017年のツアー“鈴木このみ 3rd Live Tour 2017 ~lead~”の最終公演で立った場所。そのときからすでに彼女のパフォーマンス力はアニメ音楽のシーンにおいてトップクラスの域に達していたわけだが、それから約2年、アニメ『LOST SONG』での声優初挑戦など様々な経験を経て、歌唱力においても表現力においてもますます磨きのかかった状態で、再びTOKYO DOME CITY HALLの舞台に帰ってきた。

壮麗なSEに誘われてバンドメンバーがステージに集うと、ライブは大石昌良が提供した軽快なグルーブの人気曲「Nice to Me CHU!!!」でスタート。「行くよ!」という声と共にステージ袖から元気いっぱいに飛び出してきた鈴木は、客席に向けて「元気ですか~!」と声をかけて開始早々華やかに盛り上げる。この曲では鈴木が観客のなかから「ラッキーさん」をひとり選び、その人に楽曲に参加してもらうのが恒例。この日運よく選ばれた「ラッキーさん」は、鈴木の「ところで君どこから来たの~♪」という歌での問いかけに「千葉のド田舎から……!」とタイミングもバッチリに答えて喝采を浴びる。ステージはファンと一緒に作り上げるもの、という鈴木の気持ちが伝わる好演出だ。

あわせて読みたい

リスアニ!WEBの記事をもっと見る 2019年6月7日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。