Linked Horizon 4thシングル「真実への進撃」をリリース!Revoインタビュー

Linked Horizon 4thシングル「真実への進撃」をリリース!Revoインタビュー
掲載:リスアニ!
2013年4月に第1期の放送がスタートし、現在Season.3 Part2が放送中のアニメ進撃の巨人』。第1期のOPテーマ「紅蓮の弓矢」から各クールで主題歌を提供してきたLinked Horizonが、今回のSeason.3 Part2では再びOPテーマを担当。その主題歌「憧憬と屍の道」を収録したシングル『真実への進撃』をリリースする。「憧憬と屍の道」と、本作にミカサ役で出演する石川由依が歌唱を担当したカップリング曲「13の冬」について、Revoに話を聞いた。

――早速「憧憬と屍の道」のお話しからお伺いしますが、『進撃の巨人』と共に活動と続けてきたLinked Horizon(以下LH)でなければ生み出せない、しかも集大成的な意味のある1曲ですね。

Revo 僕にとっては、Season3 Part.2にもっとも相応しいと思えた主題歌の形がこの「憧憬と屍の道」でした。単独でも成立する曲として完成はさせていますが、やはり今までの流れを汲んだものにはしたいんですよね。とはいえ、ここまで“集大成感”を出すというのは勝負でもあって。

――まさに。冒頭のお馴染みのフレーズからメドレー的な構成をたどるなど、これ以上にないほど情報が詰め込まれた印象もあって。

Revo  1曲の中であれこれと変わったことはたくさんしているんですけど、「なるほど、今回はこうきたか」と腑に落ちれば、変化球というよりは豪速球ストレートなのだということを感じてもらえるのではないかと。単独の曲としての良し悪しは当然あると思うし、いろいろなご意見もあるとは思いますが、この「憧憬と屍の道」という曲は間違いなく『進撃』と共に歩み続けてきた僕たちにしか生み出せない曲です。もうすでに、僕たちが生み出してきた楽曲たちも『進撃』の一部なんですよね。Season3までに亡くなってしまったキャラクターたちがいて、今回のPart.2で新たに亡くなったキャラクターたちもいる。その屍の道の上に物語があり、その先には、それぞれのキャラクターが追い求めた真実がある。楽曲も同じように、これまでの曲たちが道になっているんだということをこういう形で伝えたいと思ったんです。この曲を聴くことで『進撃の巨人』の主題を改めて思い出してもらえると思ったし、「だからこの道の最前線たるSeason3 Part.2を刮目してみよ!」と言える主題歌になったなと思っています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リスアニ!WEBの記事をもっと見る 2019年6月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「銀魂」のニュース

次に読みたい関連記事「銀魂」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「FAIRY TAIL」のニュース

次に読みたい関連記事「FAIRY TAIL」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハイキュー!!」のニュース

次に読みたい関連記事「ハイキュー!!」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。