TVアニメ『BEM』劇伴インタビュー Part1.『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック OUTSIDE』SOIL&PIMPSESSIONSインタビュー

TVアニメ『BEM』劇伴インタビュー Part1.『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック OUTSIDE』SOIL&PIMPSESSIONSインタビュー
掲載:リスアニ!
       
2018年に誕生50周年を迎えた名作ホラーアニメ妖怪人間ベム』の世界観を新たに生まれ変わらせた完全新作アニメーション『BEM』。原作のテーマを引き続き踏襲しながらも、同時に様々な変更点を加え、スタイリッシュな大人のアニメとして生まれ変わったこの作品は、椎名林檎がプロデュースして坂本真綾が歌うOPテーマ「宇宙の記憶」や、降谷建志がプロデュースしてJUNNAが歌うEDテーマ「イルイミ」など、音楽面でも話題になっている。中でもOPテーマ「宇宙の記憶」に演奏で参加すると同時に、劇伴を担当するアーティストの一組として作品に大人の粋やストリート感を加えているのが、SOIL&”PIMP”SESSIONSだ。彼らが手掛けた『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック OUTSIDE』について、メンバーの社長(Agitator)に語ってもらった。

――皆さんが劇伴を担当したTVアニメ『BEM』は、昨年誕生50周年を迎えたアニメ作品『妖怪人間ベム』のリメイク作品として制作された完全新作アニメーション作品ですね。社長さんは『妖怪人間』の魅力というと、どんなところだと思っていますか?

社長 子供の頃から何度もリメイクされている作品ですし、観る年齢によって感じ方が違う作品だろうなと思います。子供もアニメ作品として、娯楽として楽しめると思いますし、一方で、メッセージ性の強い作品だということも、大人になって気づくと思いますし。実は深いテーマの作品ですよね。今回の『BEM』に関しては、名言されてはいませんが、舞台がブルックリンをイメージさせるものになっていますよね。橋を境にしてアッパーサイドとローワーサイドに分かれているNYをモチーフにした世界観で、しかもスタイリッシュな形でリメイクされるということで、僕ら自身とても興味が湧いていました。

あわせて読みたい

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月22日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。