“伊藤美来 5th Live Miku’s Adventures 2019~PopSkip Life~”レポート

ここで伊藤は一旦降壇。ダンサー4人が登場してのダンスタイムやオフショットムービーの上映を挟み、再びムードがポップになったところで、ドレッシーな衣装にチェンジした伊藤が、街のパネルの間からひょっこり顔を出しつつ再登場。最新アルバムのリード曲「PEARL」から、後半戦がスタートする。この曲も地声・ファルセットの両方が美しく響いてこそのナンバーであり、それぞれの魅力をもって最大限に楽曲の魅力を活かしていたのだが、ここでとりわけ映えたのが、ファルセットの持つ透明感。優しくしっとりと歌いゆき、特にサビのファルセットを歌う姿には、可憐さまでもが出ていたように思う。
そしてそのまま続いた「ルージュバック」は、元々の楽曲の方向性もあってボーカルは少々大人びたものに。特に落ちサビでは歌声に乗る情念の濃さが際立っており、この曲をより強く印象づけるポイントとなっていた。さらに、手の振付も含めて要所要所に感情を込めていくと、「土曜のルール」ではしなやかさを重視したダンスをダンサーとともに展開。伊藤のボーカル持ち前の特徴でもある声の揺れも活かして、歌声・パフォーマンスの両面からオトナさをさらに強めに打ち出した1曲としていた。

この場への想いでみっく自らが生んだ、異例のライブ展開
曲明けには、伊藤自らこのゾーンを「大人の女性ゾーン」と振り返り、「持てるMAXの大人っぽさや色気を全部出していきました」と解説。そして改めて「大学卒業できましたー!」と生報告すると、卒業パーティーをイメージして作られた曲「TickTack Invitation」を披露する。この曲は歌声・ダンスともにキュート寄りの、ハッピーなナンバー。特に2サビ明けの間奏で、ダンサーと顔を見合わせながら揃えた楽しげなダンスでは、その要素がフィーチャーされていた。さらに、落ちサビでミラーボールの光とファンのクラップに包まれて歌う姿にも、どことなくパーティー感が。最後にこの曲の冒頭から手にしていたタオルを放り上げると、「恋はMovie」へ。実はこの日この曲でポイントになったのは、歌い出し「Hey!」の1フレーズだったように、筆者は思う。なぜなら、そのフレーズでしっかり音を当てながら、一音の中にキュートさやワクワクをぎゅっと詰め込むことに成功し、曲の世界に観客すべてを引き込むことに成功していたから。そのうえで、ダンスのさらなる軽快さや、2サビ明けに階段からぴょいっとメインステージに飛び降りるおてんばさも、よりかわいらしく映ったように感じられたのだった。

あわせて読みたい

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「声優 + イベント」のおすすめ記事

「声優 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月17日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 声優 イベント

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。