色とりどりの花が束ねられた『bouquet』――。ゲストを迎えて開催されたスペシャルライブ“toku×鈴木このみ×やなぎなぎ Special Live「bouquet」”ライブレポート

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』のOPテーマ「ユキトキ」。歌詞の“同じ目線は無く”の箇所で会場をぐるっと見まわしたり、“ゆっくりと手をつないでいくの”の部分ではフロアに向けて手を差し伸べるなど、歌詞に合わせた振り付きで観客を魅了する。北川勝利(ROUND TABLE)が作編曲したCD音源(ストリングスアレンジは長谷泰宏)の優雅な雰囲気を損なうことなく、ライブならではの躍動感が加わったアレンジも良好だ。

やなぎが「こんなにお洒落な場所ですが、楽曲は結構ポップめなので、皆さん楽しんでいただければと思います」との挨拶に続いては、「Sweet Track」を披露。やなぎのひと声で会場の空気を一変させてしまうような存在感ある歌声はもちろん、弾むようなグルーヴ感を持ったバンドの演奏も力強く、お互いが影響し合いながら、曲が進行するにつれてさらに熱を帯びていく。サビの“誰かが歩き続ければ やがてそこは道になってゆく”といったフレーズを含め、聴き手の背中をダイレクトに押してくれるような歌詞もより心に響く。

続くMCでtokuは、やなぎの作るエレクトロニカ曲が大好きで、尊敬の意味も込めて『bouquet』への参加をオファーしたと説明。やなぎは「めちゃくちゃ褒めてもらえて、表彰式みたい(笑)」と恐縮する。今回のライブは、そういったアルバムに参加してもらった経緯や意図が伝わる内容にしたかったとのことで、次に歌った『凪のあすから』の後期EDテーマ「三つ葉の結びめ」も、“花”や“植物”をモチーフにした『bouquet』にちなんで選んだという(ちなみに「ユキトキ」の歌詞にもアザレアが登場する)。A・Bメロの深海の底に沈んでいくような音世界、そこから一気に浮上するサビで左手を左右に振るやなぎ、それに応えて手を振る観客の姿もまた幻想的な光景だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク