【インタビュー】ルーグとディアの関係性、切なさ、温かさ――。結城アイラへ、TVアニメ『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』ED主題歌「A Promise」に込めた想いを聞く

【インタビュー】ルーグとディアの関係性、切なさ、温かさ――。結城アイラへ、TVアニメ『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』ED主題歌「A Promise」に込めた想いを聞く
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
結城アイラが手がけたTVアニメ『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』のED主題歌は、主人公・ルーグとディアの関係性を掬い上げたセンチメンタルな1曲。だがそれにとどまらず、c/w曲や、昨年3月にリリースしたミニアルバム『Leading role』と重ねることで、結城アイラの音楽性やその系譜を感じることもできる。彼女が生み出す、素直で心地良く、思わず耽りたくなるメロディライン。アーティストとしての開花を感じることができる1枚に対して、結城はどのような想いを込めたのか。

ルーグとディアの関係性を曲に込め、前向きな切なさを
――「A Promise」は、『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』(以下、『暗殺貴族』)のどういった面を表現した楽曲なのでしょうか?

結城アイラ アニメではあまり描かれていないんですけど、原作には主人公のルーグくんとヒロインのディアちゃんの二人が夜に定期的に会っているシーンがあって、エンディングではその辺りを表現したい、とアニメサイドから伝えられました。なので、ディアちゃんが月を見上げながらルーグ君のことを思っているようなところから始まり、サビで2人が密かに会って……、という流れからイメージを膨らませていきました。第三者から見たら、ディアちゃん、それって恋だよ!!と思う場面も、彼女にとってはまだ幼く自分の恋愛感情に気づいていないので、ラブソングだけど「恋」とか「愛」というワードは入れないようにしよう、という部分とともに、結城アイラが歌うからには大人のラブソングにも聴こえるように、と考えていて。年齢問わず、誰が歌っても成り立つような世界観にしよう、という始まりではありました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク