6月にミニアルバム『TRAD』で始動した近藤孝行と小野大輔のTRADが1stシングル「Strangers」をリリース! TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』のEDテーマでもある今作の制作について話を聞く

6月にミニアルバム『TRAD』で始動した近藤孝行と小野大輔のTRADが1stシングル「Strangers」をリリース! TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』のEDテーマでもある今作の制作について話を聞く
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
近藤孝行小野大輔。同じ年であり、共演をきっかけに親交を深め、共通の趣味である音楽についても意気投合したことで共に音楽活動をしてきた二人は、テクノロジック・ヴォーカルユニットであるTRDを結成し、2021年6月にミニアルバム『TRAD』でメジャーデビューを果たした。新たなる伝説を作るべく始動したTRDが早くも新曲をリリース。アニメ初タイアップとなった1stシングル「Strangers」に込めた想いと、TRDの未来について話を聞いた。

――TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』のEDテーマである「Strangers」が遂に発売されました。作詞が畑 亜貴さん。作曲は黒須克彦さんという黄金タッグです。楽曲を受け取ったときの印象を教えてください。

近藤孝行 爽やかだなぁ、と思いました。僕は感覚で物を捉えるタイプなので、この曲に“風”をイメージしたんです。前回のミニアルバム(『TRAD』)の楽曲とも違って、すごく軽やかで爽やかだなぁ、と感じました。

小野大輔 こんなに爽やかな楽曲が「吸血鬼すぐ死ぬ」のエンディングで本当にいいんだろうか、と思いましたね。

近藤 絶対に言うよね。それ(笑)。

小野 だからぶっちゃけ、最初は作品に寄り添っている曲なのかな?と思ったんです。でも実はこれが! まず楽曲の構成で言えばBメロで極端な転調があってジャジーになって、そこからサビになるとまた爽やかなところに戻ってくるんです。しかも僕と近藤くんそれぞれがハーモニーを奏でながら一回主旋律をリレーして、さらに最後のフレーズでもう一度ハモる。この構成がはちゃめちゃですごく爽快で、美しくて気持ちがいいんです。このはちゃめちゃ感が「吸血鬼すぐ死ぬ」の世界とリンクしているのかな、と。そこに気づいたときにハッとしました。作品にしっかりと寄り添ったエンディング曲なんだなと再認識しました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

小野大輔のプロフィールを見る
リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小野大輔」に関する記事

「小野大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小野大輔」の記事

次に読みたい「小野大輔」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク