Rhodanthe* 5月8日(日)、横浜・ぴあアリーナMMにて開催されたラストステージ『Rhodanthe* Music Festival 2022 大感謝!!』オフィシャルレポートが到着!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
2013年7月にTVアニメ『きんいろモザイク』のメインキャラクターを演じるキャストによって結成された声優ユニット「Rhodanthe*」。約9年にわたる活動期間を経て、2022年5月8日に卒業の時を迎えることになった。これまでたくさんの笑顔をくれた彼女たちの卒業式の舞台となったのは、横浜・ぴあアリーナMM。西明日香、田中真奈美、種田梨沙内山夕実東山奈央、そして2019年から加入した諏訪彩花のメンバー6名が集結し、ソロ曲やデュエット曲を含む全49曲(※「おたんじょうびのうた」、インスト曲「Overture」も含む)を、約4時間のライブで披露した。

ユニットとしての活動期間は長いRhodanthe*だが、単独公演を開催するのは2016年1月1日に東京国際フォーラム ホールAにて開催された「Rhodathe* New Year Concert 2016 FIRST MODE」以来、実に6年ぶり。いろいろな意味で伝説となった元日ライブではいくつもの名場面が生まれたが、内山のソロ曲「全開マジカルパワー」でバックダンサーとして登場した西&種田がセンターの内山よりも目立ってしまったのは今でも語り草となっている。それを踏まえて、今回は同曲を歌う前のMCの途中で「お邪魔虫は下がりましょうか」と言って、ステージから下りる2人。とはいえあっさり引き下がるわけもなく、曲の途中でポンポンを持って楽しそうに乱入し、内山の元気な歌声と共に会場を大いに盛り上げた。また、東山のソロ曲「祭りデス☆クリスマス!!」でも元日ライブと同様に田中&諏訪がサポーターとして参加。さすがに今回は和太鼓こそ叩かなかったものの、東山とおそろいで法被を着た2人は手作りのメッセージ入りうちわを持って東山を一生懸命に応援していた。