V6・岡田准一の超絶アクション×あの世界的歌手の名曲!映画『ザ・ファブル』予告編が解禁

V6・岡田准一の超絶アクション×あの世界的歌手の名曲!映画『ザ・ファブル』予告編が解禁
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■最強の殺し屋が一般人に!? V6・岡田准一主演映画『ザ・ファブル』の主題歌がレディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」に決定!
単行本の累計部数は320万部を突破、2017年度講談社漫画賞「一般部門」を受賞するなど今いちばん面白い作品と呼び声が高い南勝久のコミック『ザ・ファブル』(『週刊ヤングマガジン』にて連載中)が実写映画化、6月21日に全国公開される。

本作は、とある事情から一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ることとなった最強の殺し屋・ファブルの日常を描いた作品。

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、アクション・演技ともに定評があり、さらに今回はコミカルな演技も多く求められる役柄に挑戦する岡田准一(V6)。そのほか豪華キャスト共演で早くも話題沸騰となっている。

そしてこのたび、世界的アーティスト、レディー・ガガの代表曲「ボーン・ディス・ウェイ」が本作の主題歌に決定した。

「ボーン・ディス・ウェイ」は、2011年5月23日にリリースされたガガの3枚目のアルバムのタイトルトラック。同年2月11日にアルバムの先行シングルとして発売され、世界的ヒットを記録したガガの代表曲のひとつ。なお、ガガが日本映画に楽曲を提供するのはこれが初。

今回、プロデューサーを含む製作陣の「岡田准一さんをはじめ豪華な俳優陣に演じていただいた個性的すぎるキャラクターたちをまるごと包み込めるくらいのスケール感あるアーティストに主題歌をお願いしたい」という想い、そして、「『あなたの人生はそのままで素晴らしい』という強いメッセージを放つこの曲は、特殊な環境の中で必死に生きる主人公のファブル/アキラをはじめ、様々な事情を抱えるすべてのキャラクターたちの人生を肯定してくれる内容になっており、映画の世界観とも合致する」という理由から、楽曲の使用を熱望。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年4月8日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。