大野雄大 (from Da-iCE) 、2万匹の魚の前でソロライブ!川畑 要(CHEMISTRY)とのコラボ曲も披露

大野雄大 (from Da-iCE) 、2万匹の魚の前でソロライブ!川畑 要(CHEMISTRY)とのコラボ曲も披露
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「なんで今太っているんですか?」。大野雄大(from Da-iCE)、ファンからのストレートな質問にあたふた!「……うっすら気づいてました(苦笑)」

【画像】ソロアルバム発売記念ライブを新江ノ島水族館で開催した大野雄大

大野雄大 (from Da-iCE) が、初のソロアルバム『この道の先に』のリリースを記念したライブを4月5日、神奈川・新江ノ島水族館 相模湾大水槽前特設ステージにて開催。チケットを手に入れることができたラッキーな300人のみが楽しめる、プレミアムな機会となった。
4オクターブのツインボーカルで注目を集める実力派5人組ダンス&ボーカルグループ、Da-iCEのボーカルとして活躍する大野。30歳を記念して制作した初のソロアルバムを携え、海や釣りを愛する彼らしい場所でのソロライブが実現した。2万匹の魚が回遊する水槽を背に、大野は自身が作詞・作曲に携わったバラード「MY DEAREST」からライブを開始。1階、2階と埋め尽くした300人のファンに笑顔を送りつつ、気持ちのこもったボーカルで観客を魅了する。

曲間では「大好きな魚の前で歌えて幸せです」とうれしそうに話したかと思うと、水槽を指差して「アジがデカイんですよ!」とはしゃいでみせファンの笑いを誘う場面も。しかし、いざライブに戻ると、「恋愛の曲は僕にとっては難しくて緊張する」と語りながら披露した、離れてしまった恋人に贈る切なくも愛らしいラブバラード「僕らの不確か」や、かつて飼っていた愛猫について歌った「いつかまた会えるなら」などで伸びやかな歌声を響かせ、その場の空気を掌握する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年4月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「平原綾香」のニュース

次に読みたい関連記事「平原綾香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小柳ゆき」のニュース

次に読みたい関連記事「小柳ゆき」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「荻野目洋子」のニュース

次に読みたい関連記事「荻野目洋子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。