横浜流星×飯豊まりえ出演、映画『いなくなれ、群青』場面写真解禁

また、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女「真辺由宇」を、『暗黒女子』『祈りの幕が下りる時』など多くの映画やテレビドラマで女優としてのキャリアを着実に積んできた飯豊まりえが、透明感溢れる演技で体現する。

監督は、アメリカの高校在学中の2001年に、短編映画でバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後、カメラマン・映像監督として活動をしてきた新鋭・柳明菜。

そしてこのたび、七草を演じる横浜流星と、真辺由宇を演じる飯豊まりえの場面写真が解禁となった。

解禁となったのは、意味ありげに切ない表情で佇むふたりと、さらに遠くを見つめる七草と真辺由宇を写した二枚。ふたりが織りなす物語の期待感を掻き立てる場面写真となっている。

映画『いなくなれ、群青』は9月劇場公開。原作が持つ繊細な空気感や世界観が、どのように映像表現されているのか、期待が高まる。

■横浜流星 コメント
世界観が幻想的で素敵で、ミステリーだけどファンタジー要素も含まれているところに惹き込まれました。何より10代に感じる繊細な心情や言葉や表現に魅了され、ふたりの、恋よりも純粋な関係に温かく愛おしい気持ちになれる作品です。僕が演じる七草は、真辺との再会をきっかけに島の謎や事件に関わっていくことになります。その中でいろいろな感情に駆られますが、感情を表に出さない少年です。七草と真辺の空気感を大切に、七草の繊細さをていねいに演じました。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年4月12日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。