感動の声続出! 竹内まりや、映画『ダンボ』日本版エンドソングに込めた想い明かす

感動の声続出! 竹内まりや、映画『ダンボ』日本版エンドソングに込めた想い明かす
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「親子愛だけではなく、今回の作品に合わせてもう少し人間愛のようなところまで膨らませた普遍性を持たせたかった」(竹内まりや

【動画】映画『ダンボ』TV SPOT パレード篇

ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、『ダンボ』をオリジナルの脚本であらたな物語として甦らせた最新作『ダンボ』が絶賛公開中だ。
公開直後から、

「竹内まりやさんの『ベイビー・マイン』が流れてもう泣きそう」
「まりやさんの『ベイビー・マイン』良かったー」

などと、竹内まりやが歌う日本版エンドソング「ベイビー・マイン」に魅了されている人が続出中だ。

このたび、自らが歌詞の翻訳監修も手がけた竹内が、アニメーション版で歌われたオリジナルとは異なり、歌詞に普遍性を持たせ、誰にでも共感できるメッセージを込めたことが明らかになった。

「ベイビー・マイン」は、ウォルト・ディズニーが贈りだした名作『ダンボ』の劇中歌で、母親象のジャンボが、“大きすぎる耳”を持つ子象ダンボへの溢れるほどの“愛情”を美しいメロディに乗せて歌う珠玉のバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーするなど世界中で歌い継がれてきた名曲だ。

竹内は、この名曲の歌詞の翻訳監修も手がけるにあたり「オリジナルの歌詞が持っている意味合いをできるだけそのまま伝えたいと思ったと同時に、親子愛だけではなく、今回の作品に合わせてもう少し人間愛のようなところまで膨らませた普遍性を持たせたいということが、ディズニーさんのご希望にもありました。一聴するとたしかに母親が子供に伝えている歌でもあるのですが、それは友達が友達を励ます歌とも取れるし、恋人への言葉にも当てはまるように書いたつもりです」とジャンボとダンボの物語に留まらないあらたなダンボの物語が描かれる本作に合うよう、誰もが共感できる歌詞にしたと明かす。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 竹内まりや 山下達郎
  2. 竹内まりや 曲
M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年4月13日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。