King Gnu早くも2回目。あいみょん、リトグリも登場。「最高」も「あれ?」もあった4月のミュージックステーションの演出

King Gnu早くも2回目。あいみょん、リトグリも登場。「最高」も「あれ?」もあった4月のミュージックステーションの演出
掲載:M-ON! MUSIC
知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

【動画】Mステ出演アーティストのMV

[前編]では4月のMステに出演した48・46グループについてお届けしましたが、[後編]は次代のスター候補として名乗りをあげたこちらの面々の話題からどうぞ。

■King Gnu:2019年のロックバンド最前線

4月26日のMステに出演したKing Gnu。この日が2度目のMステ登場となった彼らは、ヒット中の最新曲「白日」を披露しました。

この日のステージは、メンバー4人が薄暗いステージのなかで演奏する、ただそれだけの非常にシンプルなもの。そんなシンプルな演出だからこそ、4人のカリスマ性や楽曲の荘厳さがより際立ちます。「白日」では前回出演時の「Slumberland」以上に井口 理のボーカルがフィーチャーされていますが、井口のファルセットには楽曲そのものを引っ張るパワーと色気が備わっています。

GWに行われたフェス『VIVA LA ROCK』ではさいたまスーパーアリーナのステージにたくさんの人を集めるなど、人気急上昇中の彼らがこの先どこまでいくのかとても楽しみです。

ちなみにこの日は“平成最後のMステ”ということで、槇原敬之が平成のナンバーワンヒット曲「世界に一つだけの花」を披露(本来ならSMAPが歌うべきところですが……)。楽曲の最後の出演者全員で手を振って盛り上げる場面でも、井口は大きく手を挙げて存在をアピールしていました(King Gnuの他の3人はうつむきがちな感じでした)。クールなパフォーマンスとのギャップが面白かったです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年5月10日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュース

次に読みたい関連記事「氣志團」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森山直太朗」のニュース

次に読みたい関連記事「森山直太朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「GReeeeN」のニュース

次に読みたい関連記事「GReeeeN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。