ゆず、弾き語りによる新曲「SEIMEI」を本日配信リリース!アートワークは彫刻家・名和晃平氏が担当
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■ゆず、ライブ盤やゆず以外の名義楽曲を除く“全310曲”のストリーミング配信がApple Musicにて独占先行解禁!

【画像】「SEIMEI」のジャケットアートワーク

5月11日から日本音楽史上初の弾き語りドームツアー『ゆず弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~』を開催するゆずが本日5月10日、全編弾き語りによる配信限定シングル「SEIMEI」をリリースした。
弾き語りドームツアーに向け、かねてより「ライブで新曲を披露したい」と話していたゆず。このほど完成した新曲「SEIMEI」は、遥か過去から引き継がれている生命(SEIMEI)のバトンを繋ぎながら、未来に向け困難を乗り越えていく、強い意志が内包された弾き語りナンバー。

北川悠仁が作詞・作曲を務め、岩沢厚治とともにアコースティックギターによる弾き語りの呼応、ふたりの歌声とメロディが融合した、現在のゆずの熱量が凝縮された楽曲となっている。

リリースに伴い、新アーティスト写真、ジャケットアートワークも公開。共通して描かれているのは、今回の弾き語りドームツアー本編に登場し、シンボルとなる逆さツリー「YUZZDRASIL(ユズドラシル)」。生命の起源=ルーツである根っこが宙に浮き、様々な実=メッセージを実らせながら幾重の時代、日々を繋いでいく。

ゆずのルーツ=弾き語りのコンセプトを投影させたこのアートワークは、昨年にルーブル美術館に巨大アート作品を展示し話題を呼んだ彫刻家・名和晃平氏が担当。ドームツアーに向け、ゆずとともにゼロからコンセプトを構築し完成させた。