平井堅『Ken’s Bar』20周年イヤーツアー最終日に、あいみょん降臨! 平井堅作品で最もエロチックな1曲「鍵穴」を熱唱
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
あいみょん亀田誠治がサプライズ出演! 平井堅、スペシャル演出だらけの『Ken’s Bar』20周年イヤーツアーファイナルが大盛況!

【画像】ベース&ボーカルのミニマムなコラボで魅了した、平井 堅&亀田誠治

平井 堅が、自身のライフワークと位置づけているアコースティック形式のコンセプトライブ『Ken’s Bar』の開店20周年記念公演が、5月22日に日本武道館でファイナルを迎えた。
このアニバーサリープロジェクト『Ken’s Bar 20th Anniversary Special!!』は昨年5月29日・30日のTOKYO DOME CITY HALL公演に始まり(30日は全国の映画館35館へ同時生配信となるライブビューイングが実施された)、以後、ニューヨーク、札幌、福岡、広島、宮城、横浜、大阪、三重、徳島を廻り、そして再び東京での開催となったもの。11ヵ所16公演で10万5,000人の動員を記録した。

日本武道館の2階スタンド席最後列の立見スペースまで埋め尽くした1万人の観客が見守るなか、笑みを浮かべてステージに現れた平井 堅がまず披露したのは「half of me」。2009年夏の『Ken’s Bar』で初めて歌われ、しばらくのあいだはこのコンセプトライブに来店した人たちだけに届けられてきたが、開店20周年を機に昨年11月にリリースされたバラードナンバーだ。

続いて、1曲目はピアノだけだったが、2曲目はアコースティックギターだけをバックにした「魔法って言っていいかな?」。二部構成の『Ken’s Bar』の前半は、ボーカルと楽器ひとつというミニマムな編成でしっとりと展開していくのが特徴となっている。