山崎まさよしが、すご腕の泥棒に! 山崎まさよし主演、映画『影踏み』特報映像解禁

山崎まさよしが、すご腕の泥棒に! 山崎まさよし主演、映画『影踏み』特報映像解禁
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「俺がお前を殺したんだ」。映画『影踏み』特報映像には、山崎まさよしの衝撃のせりふも!

【動画】映画『影踏み』特報映像

『64 ロクヨン』『クライマーズ・ハイ』などで知られる作家・横山秀夫の『影踏み』(祥伝社文庫)。警察小説の旗手である横山作品の中でも、犯罪者側を主人公にした異色の物語が、ついに映画化! 監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が、11月より全国公開される。
本作のはじまりは、映画『月とキャベツ』(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。同作が切っ掛けとなり始まった同地の『伊参スタジオ映画祭』に、偶然にも2016年にゲストとして参加した山崎、篠原監督、横山氏が運命的な出会いを果たす。もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約1年後の2018年初頭には映像化困難とされていた小説『影踏み』の映画化が発表されることになる。

山崎は『8月のクリスマス』(2005年)以来、約14年ぶりに長編映画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(1996年)以来、約22年ぶりのタッグ結成となった。

そしてこのたび、本作の特報映像が解禁。

単なる空き巣とは異なり、深夜に寝静まった民家に侵入し、盗みを働く泥棒(通称:ノビ師)。その忍び込みの技術の巧みさ故に、警察から“ノビカベ”とあだ名されるほどのすご腕のノビ師・真壁修一は、ある深夜、県議会職員宅に忍び込み、偶然放火殺人未遂を目撃する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年5月29日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「奥田民生」のニュース

次に読みたい関連記事「奥田民生」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュース

次に読みたい関連記事「秦基博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュース

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。