稲垣吾郎、映画『海獣の子供』で妻役を演じた蒼井優の結婚を祝福!「おふたりの末長い幸せを願っています」

稲垣吾郎、映画『海獣の子供』で妻役を演じた蒼井優の結婚を祝福!「おふたりの末長い幸せを願っています」
拡大する(全1枚)
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「映画の中で夫婦の疑似体験を堪能していたので(笑)、ニュースを聞いたときは驚きました。ぜひ山ちゃんにもこの作品を観てほしいですね!」(稲垣吾郎)

【画像】『海獣の子供』の初日舞台挨拶の様子

映画『海獣の子供』の初日舞台挨拶が昨日6月7日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で開催された。
本作は、自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の『海獣の子供』を原作とするアニメーション映画。中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた兄弟“空”と“海”に出会い、ひと夏の冒険を繰り広げるさまが描かれる。

アニメ制作は、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃、音楽は久石譲が担当。米津玄師が主題歌「海の幽霊」を手がけたことでも話題となっている。

舞台挨拶には、琉花の芦田愛菜、海役の石橋陽彩、空役の浦上晟周、琉花の父・安海正明を演じた稲垣吾郎、監督を務めた渡辺歩が登壇した。

【登壇者コメント】
■初日迎えた感想、本作への想い
芦田:いよいよ本日から、たくさんの人にこの作品を観ていただけるのがとてもうれしいです。私は、琉花と“海”が水族館で出会うシーンが好きなのですが、久石さんの音楽がとても素敵で、何かが始まる期待、高揚感を、ぜひ皆さんにも味わっていただきたいです。一つひとつ立ち止まりながら向き合って、こだわって演じました。この作品は、生命の誕生や起源、神秘が描かれていて、明確な答えのない作品だと思います。観ていただいた皆さんそれぞれに感じられることは違うと思いますし、違っていいと思います。体全体で感じて、感じたことを大切にしていただけたらうれしいです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

M-ON! MUSICの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク