大沢伸一、映画『Diner ダイナー』の音楽についてコメント!「(蜷川実花)監督が仮で当ててくれていた音楽が僕の昔の楽曲だった」

大沢伸一、映画『Diner ダイナー』の音楽についてコメント!「(蜷川実花)監督が仮で当ててくれていた音楽が僕の昔の楽曲だった」
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「本当に僕の曲を聴き込んでくださっているんだなと新鮮でしたし、それに対して今の僕ならこういう風に返せますよという形で音楽をつけていくのは、すごく楽しかった」(大沢伸一

【動画】Shinichi Osawa / 映画『Diner ダイナー』Original Soundtrack

映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、監督:蜷川実花×主演:藤原竜也の運命の初タッグで映画化! ヒロインに玉城ティナを迎え、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。さらに、木村佳乃、川栄李奈、コムアイ、SHIHO、MEGUMI、宮脇咲良など、端役にまで一切手を抜かず、その他多くの俳優、モデル、アーティストが様々なシーンに出演しており、絢爛華麗なセットと相まって、一瞬たりともスクリーンから目を離すことができない日本映画史に残る最高に贅沢な映画が誕生した。
そして本日7月3日、大沢伸一が音楽を担当した映画『Diner ダイナー』(7月5日全国ロードショー)オリジナル・サウンドトラックがリリースされた。

本作の音楽は、蜷川実花監督直々のラブコールによりMONDO GROSSOの大沢伸一が担当。初の邦画劇伴制作となるが、DJでもあり音楽プロデューサーでもある大沢伸一ならではのサウンドで、衝撃的なサスペンスエンターテインメントを盛り上げている。

あわせて読みたい

M-ON! MUSICの記事をもっと見る 2019年7月3日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。